些細な事からでも発症すると言われている「うつ」の症状や治療法

副作用で考える

うつの症状を改善するために利用される薬には副作用があったりもします。症状によっては「磁気刺激治療」など薬を用いない治療があったりもします。また、睡眠障害など有名な症状には上手に薬を利用した治療が一般的です。

詳細を確認する

まとめてみると

色んな症状を発症すると言われている「うつ」ですが、大乗的なものは食欲不振や記憶障害、睡眠障害などだと言われています。また、いくつも併発する場合があるため、不安な方は一度専門機関で受信してみることが大切です。

詳細を確認する

タイミングの重要性

うつ病かどうかを判断し、治療が必要か決めるにはタイミングがあります。患者の症状によって治療法が変わるため、心身ともの治療に専念できる心療内科等で受診すると良いと言われています。

詳細を確認する

精神の受け入れ

うつ病と聞いた時、精神的にダメージを受けるかもしれませんが、メンタルケアなどを受け、自身の精神状態や症状について受け入れる事で症状が軽減されたり、改善の糸口になる場合があります。

詳細を確認する

うつと気づかない

うつ病の症状の中にはうつだとわからないものもあります。例えば下痢や便秘、頭痛やめまいといった症状です。原因がわからない場合など、簡単なチェックシートで確認したり、医療機関で診察を受けてみるのも方法の1つです。

詳細を確認する

古くからある病気

精神的から来るうつ病がある。

精神的な症状から来るうつ病は、趣味とかで楽しい事をしている時は、マイナスなイメージは考えないが、何もしていない時は、最近、私生活で起こった嫌なイメージが過剰に思い出すことがある。自己責任が強い方や几帳面な方が、うつ病になられる方が多く、自分を否定する考えが度々重なり、生きていても何も良いことが無いのでは無いかとよぎって来るのである。症状が悪化していくと、今まで趣味で没頭すれば、マイナスな発想は考えなかったのに、それが一転して不安ばっかりが考えるようになる。そして趣味もやる気が無くなってくる。つまり、うつ病は、やろうとする意識は働いているのに、どうしても手につける事が出来ない精神的運動抑制が働くのである。

体から来る症状もある。

体の症状から来るうつ病の代表的な症状として、睡眠障害がある。睡眠障害は、寝付きが悪い、夜中に起きる、朝早く目が覚める症状がある。全く眠れないのでは無く、眠りが浅い事から、不眠症とは違ってくる。脳は睡眠中にストレスを処理するので、睡眠を良く取っていないと症状が悪化していくのである。睡眠には、深いノンレス睡眠と浅いレス睡眠があるが、うつ病の方は、夜中に起きる事が特徴なので脳が休めなくて、頭の回転が鈍くなっていく。その為、仕事をしている時も頭が回らず、集中力に欠ける為、今までミスをした事が無い業務でも些細なミスを連発する機会が増えて行くのである。その些細なミスが、みんなに迷惑が掛かっていると過剰に気になるようになると体の何処かに異変が起きていく。

うつはいつからあったのか

うつはいつからあったのかというと、紀元前5世紀から4世紀ごろだと言われています。体のバランスが崩れて病気になるとの記載が残っているのです。その後ヨーロッパを中心にうつなどの精神病が研究されていたのです。内なる精神的なものに由来するとされたのです。そして、20世紀になり、精神病理学者がうつ病の研究の核となるべきメランコリー親和型を提唱したのです。慢性化しやすく、再発しやすいことが特徴で、自殺を招くこともある悪性疾患になります。社会生活のあり方や環境における影響が大きいです。そして、物事の変化のスピードについていけないことも症状がでてくる原因の一つとされています。ストレスとの関係も指摘されていて、心の風邪という症状の例えがされています。

症状の改善をはかるにはこれからどうしたらいいか

うつ病の症状は今後もっと増えてくるとの予想がされています。改善するには、軽症のうちに直すことが大切とされています。そして、薬を飲むよりも運動が効果的といわれだしてきているのです。週三回の運動で症状の変化がみられ、それは、気分がまぎれることや食生活が改善されることや太陽を浴びたりすることが理由と考えられています。エンドルフィンやビタミンDが生成されることにより、健康が保たれるようになるのです。中でも太陽の光を浴びるという効果は大きく、光を浴びることで体内時計が正しく働くようになり、お腹が減りやすくなったり、夜も快適な睡眠がとれるようになったりと、規則正しい生活が送れるようになるのです。そして、この方法には副作用の心配がないのです。

TOP